Event is FINISHED

なぜ今インドなのか?「インドを理解する」ビジネス講座

Description

インドにさほど関心がない・・・

インドってまだ参入するには早いのでは・・・
人口が多いのはわかるけど、よくわからないし、難しそうだし、
少し遠いし・・・

という方々へ

そんな方々にこそ受講いただきたい講座を
日本橋三越本店にて開くことにしました。

なぜ今インドなのか? 「インドを理解する」 ビジネス講座です。

すでに購買力平価ベースGDPでは日本を抜き去り、
10年以内に世界第3位のGDPとなるインド
6年以内に世界最大の人口となるインド
「インドで成功すれば世界の中間層市場でも成功できる」

というテーマの下、中国・ASEANに続く最大の潜在力を持つ巨大市場・インド、そしてその先にある世界の新興中間層市場開拓の可能性を理解する講座を開催します。

==================================
<<2つの特典>>

 ■ インド財閥とのつながりが貴社のビジネス拡大に寄与
 ■ 参加者特典(計11万円相当)をもれなくご提供

==================================

これから出現する50億人の市場に興味のある方はぜひ受講ください。

なぜなら、たとえ現時点でインドにあまり関心がなくても、この講座を受講することで

 ■ 世界でどの市場とセグメントが世界最大なのか
 ■ なぜ今インドについて学び始める必要があるのか
 ■ なぜインドへの展開がアフリカをはじめとする世界の低中間層市場への展開につながるか
 ■ なぜインドビジネスがそれにふさわしいのか

ということが理解でき、ビジネス上どれほどの奥行きとインパクトがあるかについて知ることができます。つまり、インドだけではない、インドの先にある意味を知ることができます。

---------------------------------------------

【講座で学ぶこと】


今回の
この講座では、インドビジネス経験40年、インド最大財閥のタタ・グループ名誉会長をはじめ、多数の現地財界人キーマンと強いつながりを持つ徳原綱男氏と、多数の現地パートナーを持つ多言語ビジネス支援No.1のWIPジャパンが


 ■ インドとインド人をどう理解すればよいか?
 ■ インド市場の近未来はどうなるか?
 ■ 日本にいながら世界中に売る方法
  (インドを題材に)
 ■ インドは自社ビジネスに向いているか? 
 ■ インドビジネスの特徴は何か?
 ■ インド人とどのようにつきあうか?
 ■ インド人とどのように交渉すべきか?
 ■ インドにおける取引先開拓をどう行うか? 
 ■ 今から準備すべきことは何か?
 ■ インドに関する推薦本・映画

および

 ■ インドを入口に、今後台頭する世界の中間層を掴む方法
 ■ インド最大財閥とのつながりを作るきっかけ

を講義します。ぜひインドとその奥にある潜在市場に対し少しでも関心のある方々にご参加いただきたいと願います。



---------------------------------------------

【開催要項】


■ 日時 : 2015年11月30日(月)18:00-21:30
    (20:00-21:30は懇親会)
■ 会場 : 日本橋三越本店新館9F(カルチャーサロン)
    (〒103-8001 東京都中央区 日本橋室町1-4-1)
■ 定員 : 30名
■ 講師
 徳原綱男
(インド経団連日本代表、タタコミュニケーションズジャパン株式会社代表取締役社長)
 上田輝彦
(WIPジャパン株式会社 代表取締役会長)
■ 主催 : WIPジャパン株式会社
■ 後援 : 株式会社三越伊勢丹旅行
■ 受講料 : 36,000円(税込、懇親会費込)

---------------------------------------------

【講座概要】


「長年インドビジネスに関わっている」視点から、インドの全体像を解説します。
インド市場に少しでも関心のある企業の経営層・担当者は必見の講座です。

■ インドの歴史と宗教、インド市場の近未来の姿、インドビジネスのメリット・デメリット紹介します
■ インド人との付き合い方・交渉法・好かれる方法、今から準備すべきこと・スタートすべきことを網羅的に学べます

---------------------------------------------

【受講対象者】


インドに対する関心の有無に拘らず、海外市場への志を持つ経営者を大歓迎します。もちろん、インド市場に興味のある企業、現地進出・現地向け輸出や通販を検討している企業の経営層および経営企画部・海外事業部・マーケティング部などの担当者も歓迎です。

---------------------------------------------

【講座参加の効果】


■ インド市場の全体像とインドビジネスの傾向や最新事情について学べ、関連ビジネスのきっかけがつかめる
■ インドビジネスの注意点、インド人との付き合い方を短時間で学べる
■ 現地マーケットのどのような事項について情報収集したらよいのか、気づきが得られる


---------------------------------------------

【プログラム】


1. インドとインド人をどう理解すればよいか?
 - インドの歴史と宗教  
 - インド人の考え方・価値観
 - 日本人とインド人は正反対   
2. インド市場の近未来はどうなるか?
 - 2021年頃に世界最大の人口となる国  
 - 2025年頃に世界第3位のGDPとなる国
 - 日本企業にとって一番奥行きがある国
3. 日本にいながら世界中に売る方法
  ~インドを題材に~
 - 現地進出?現地向け輸出?通信販売?
 - 州・都市・エリアマーケティングの考え方
 - 「どの都市で」「誰/どの層に対して」
   「誰と組んで」「いくらで」「どう売るか」
 - 選択肢の拡散と収束  
 - 決まった仮説戦略をテストする
 - 具体的なアクションプラン作り
 - インドにおけるEコマース環境
4. インドは自社ビジネスに向いているか?
 - どのような業種が向いているか
 - どのような経営者が向いているか
 - どのようなスタートアップが向いているか
5. インドビジネスの特徴は何か?
 - インドビジネスの特徴と留意点 
 - インドビジネスのメリット・デメリット
 - インドにおける主要プレイヤー・財閥
6. インド人とどのようにつきあうか?
 ‐ インドで成功する人しない人
 - インドで好かれる方法
 - インドでよく起きるトラブル
7. インド人とどのように交渉すべきか?
8. インドにおける取引先開拓をどう行うか?
 - 新規取引先をどう獲得するか?
9. 今から準備すべきことは何か?
10. インドに関する推薦本・映画

質疑応答

懇親会
セミナー終了後1.5時間程度、会場近くのレストランにて情報交換のための懇親会を予定しております(追加費用なし)。講師へのご質問や、簡単なご相談も可能ですのでご歓談下さい。

---------------------------------------------

【参加者特典】


24時間であなたのビジネスをインドへ-WIPジャパンのグローバル化支援ソリューションの中でも最近喜ばれているものを参加者の皆様にもれなくご提供します。(計11万円相当)

「なぜこのような特典をご提供するのでしょうか?」

理由は他でもありません。講座自体に受講料以上の価値があることに自信を持っていますが、人によっては価値をあまり感じられないことがひょっとしたらあるかもしれません。そこで、万が一ご満足いただけなかった場合に備えて特典をご用意したというのがその理由です。
海外市場に挑戦する企業を応援したいという会社理念に沿ったもので他の意図はございません。ご安心ください。


■ クラウド翻訳No.1「訳す YAQS」 お試しアカウント 10,000円分


翻訳依頼から納品まですべてがウェブサイト上で完結する高い簡便性と、人力翻訳による品質の高さにより、急速に普及しているクラウドソーシング型の翻訳サービス。その中でも、大手旅行会社をはじめ、企業単位での利用も多い業界トップクラスの「訳す YAQS」10,000円分が利用できるお試しアカウントをご提供。
「訳す YAQS」について詳しくはこちら → https://www.yaqs.co.jp/

■ 講義動画「日本にいながら海外に売る方法 ~越境EC編~」(通常提供価格50,000円)
日本経営合理化協会、阪急阪神第一ホテルズグループなど、各種講演会や企業研修で人気のレクチャーをベースに撮り下ろした限定版をご提供。海外展開・現地進出に踏み切れない方でも、日本にいながら新しいマーケットに参入できる方法を余すところなく説明しています。

■ グローバル化チェックリスト一式(非売品、50,000円相当)
- 特製マインドマップ:
 「日本国内のお役立ち機関・団体」「主要国の3大ECプレーヤー」
- 特製メディアリスト:
 インドの主要メディアの国内および日本の連絡先
 日本国内で発行されている在日インド人向けのエスニックメディアの連絡先

---------------------------------------------

【講師陣紹介】


インド最大財閥との強いコネクションを構築
インドビジネス40年が語る深い知見
徳原綱男
1939年東京生まれ。茨城大学経済学部卒業後、日立グループで活躍。シカゴ、ロンドンでの駐在をはじめ、40年に渡りマーケティングと販売の分野で国際ビジネスに関わる。インド最大財閥であるタタ・グループの名誉会長ラタン・タタ氏の『私の履歴書』に登場するほど同氏とは親交が非常に深いことで知られている。
2005年よりタタコミュニケーションズジャパン株式会社代表取締役社長、2007年よりインド経団連の日本代表を務めている。


インド関連プロジェクト受注実績多数
海外向け販路拡大の知見豊富
上田輝彦
1965年福井生まれ。上智大学法学部卒業後、住友銀行勤務を経て英国ケンブリッジ大学大学院留学(歴史学部)に留学。1995年、WIP創業。
以来、海外リサーチ・越境EC・多言語人材サービス・翻訳など「グローバル化」「多言語化」に関するソリューションを提供し続けている。
 ■ 一般社団法人日本翻訳連盟(JTF) 理事
 ■ 一般社団法人クールジャパン協議会 専務理事

---------------------------------------------

【最後に】


あらためまして、この講座では、


 ■ インド市場の近未来はどうなるか?
 ■ 日本にいながら世界中に売る方法
  (インドを題材に)
 ■ インドは自社ビジネスに向いているか? 
 ■ インドビジネスの特徴は何か?
 ■ インド人とどのようにつきあうか?
 ■ インド人とどのように交渉すべきか?
 ■ インドにおける取引先開拓をどう行うか? 
 ■ 今から準備すべきことは何か?
 ■ インドに関する推薦本・映画

および

 ■ インドを入口に、今後台頭する世界の中間層を掴む方法
 ■ インド最大財閥とのつながりを作るきっかけ

を短時間で理解することができます。

インドは決して簡単な市場ではありませんが、簡単な海外市場などありません。
これから出現する50億人の市場に興味のある方は、お申し込みの上、ぜひ今から学び始めてください。

参加者特典も沢山ご用意し、受講料金以上の価値を得られることを保証します。

 ■ インド財閥とのつながりが貴社のビジネス拡大に寄与
 ■ 参加者特典(計11万円相当)をもれなくご提供

---------------------------------------------

【お申し込み方法】


※お申し込み情報は主催後援会社にて共有させていただくことにご同意いただく必要があります。

お申し込みは「チケットを申し込む」にて
https://peatix.com/sales/event/127725/tickets

または以下の項目をメールにてお送りください。
・会社名:
・部署:
・役職:
・氏名:
送信先は
高橋(k-takahashi@wipgroup.com)まで。
申込完了メールをその後送らせていただきます。受講料は事前お振込となります。

またはチラシ(後掲)をプリントアウト&FAXにてご送付ください。
送信先FAX: 03-3230-8050
申込完了メールをその後送らせていただきます。受講料は事前お振込となります。


---------------------------------------------

【お問い合わせ先】


WIPジャパン株式会社
http://japan.wipgroup.com/
事業開発室(担当:高橋)
Tel.:03-3230-8000/FAX:03-3230-8050
e-mail: k-takahashi@wipgroup.com


---------------------------------------------

【会社紹介】


WIPジャパンについて
http://japan.wipgroup.com/
「もっと理解しあえる世界をつくりたい」を理念として創業。世界400以上の都市に拡がるネットワークを活用し、官公庁・地方自治体・国内外有力企業・調査研究機関など約6,200の顧客に、海外リサーチ・越境EC・多言語人材サービス・翻訳など「グローバル化」「多言語化」に関する高度なソリューションを提供し続けています。


Event Timeline
Updates
  • タイトル は なぜ今インドなのか?「インドを理解する」ビジネス講座 に変更されました。 Diff 2015-12-01 07:59:55
More updates
Mon Nov 30, 2015
6:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
日本橋三越本店新館9F(カルチャーサロン)
Tickets
受講料(税込、懇親会費込) ¥36,000
Venue Address
〒103-8001 東京都中央区 日本橋室町1-4-1 Japan
Organizer
WIPジャパン(株)
2 Followers